自分お土産 from INDIA

今回の一番のお気に入りは、真っ赤な象さんチャイポット。

手描きの風合いもインドならではの色柄もたまりません!
注ぎ口の先がちゃんと象さんの鼻風にカットされているのもおつですな~♪

インド土産

で、インドの紅茶を飲むわけだ。
インドの紅茶のパッケージ素敵(^^)
紅茶屋「TopQualiTea」のお茶はオーガニックだし味も美味しいよん。

今日、「Youは何しに日本へ」の録画を見てたら、
日本に留学中のこの紅茶会社の息子が出ていて笑った!
紅茶王子だって~。

インド土産

何故かインドでマトリョーシカ発見。
やっぱり、買っとくしかないよねぇ。
結構お高かったけれど、なんだか手抜きな感じの柄だけど、
やっぱりねぇ(^^;)

インド土産

インドのお人形の服と封筒。
封筒はペーパークイリングでデコられてて、
インドでもペーパークイリングあるんだなぁ~って驚いたので買ってみました。

お人形の服は、あまりの派手さに思わず買っちゃいました。
服買った店には服しかなくて、お人形本体はGETならず(--;)
バービーちゃん用ではないらしい。
なんだかインド風の名前の人形らしい。
本体どんなのかなぁ。欲しいなぁ。

インド土産

こうして並べてみると、私ってかなりくだらないものが好きね。。。(笑)

**~*~*~*~*~*~*~*~**
にほんブログ村 雑貨ブログ 雑貨屋へ
にほんブログ村
**~*~*~*~*~*~*~*~**

インドからただいま~♪

今回はニューデリーだけですが、インド行ってまいりました。
不在中は商品発送をお休みさせて頂き、ご不便おかけして申し訳ございません。

さて、インドには可愛いものが沢山あるけれど、
いざ欲しいものを探そうと思うとなかなか見つからないんですよね(--;)

日本とは比べ物にならない地獄的な蒸し暑さの中、
頑張って歩き回りハンドメイド材料や雑貨を探しまくってきました。

インドの銀座(?)カーンマーケットをうろついたり、
ニューデリー

地元系マーケットや露店をのぞいたり、
ニューデリー

手芸屋さんっぽい店を発見して、大人買いしちゃったり、
ニューデリー

雑貨屋さんでは、自分お土産や友達へのお土産ばかり欲しくなるし。。。
ニューデリー

比較的治安が良さそうな場所やアクセスが楽な場所は、一人でうろつき、
土地勘がない場所や超ローカルマーケットは複数人、またはガイド付きでと、
色々気は使うけれど、やっぱりインドは買い物天国ヽ(〃'▽'〃)ノ
帰りの荷物は34kgほどになりました。

物価も上がってるし、以前よりお得感は減っちゃいましたけどね~(^^;)
その分、街も綺麗になってきてます。
インド基準でですけど。

苦労もあるけど、なぜかまた行きたくなる、不思議の国インドです♪
仕入れたお宝は、追々紹介しますね☆^∇゜)

**~*~*~*~*~*~*~*~**
ブログランキングに参加しています♪
にほんブログ村 雑貨ブログ 雑貨屋へ
にほんブログ村
**~*~*~*~*~*~*~*~**

インド(18)2010.08.25 峠の茶屋村マリー

ロータンパスの手前にマリーという春~秋だけの茶屋村があります。
峠の茶屋ですね。

うちのマリさんと同じ名前ですね。
いいな、好い所と同じ名前で。
サトトーとか、私と同じ名前の所は無いのかしら?

冬は雪に閉ざされ、道も通れなくなる為閉店です。

マリーの町並み

峠越えをする車や観光客の休憩ポイントとしてなかなかの賑わいです。

マリーの町並み2

そして何故か店の前にはブランコがあっちにもこっちにも。
なんかブランコのひとつも置いてないと、しょぼい店みたいじゃん!と言わんばかり。
お店の必須アイテムって感じです。

たしかにこういうベンチタイプのブランコはインドでは人気みたい。
裕福なお家だど、自宅の中庭などにも置いてあるようです。

マリーのブランコ

さんちゃん、やまちゃんも座ってみました♪
そりゃそうよね。
ブランコあったら、一応は座ってみないとね~。

マリーの茶屋

休憩した御茶屋さんはこんな感じです。
中にも客席、そして厨房があります。

お菓子や飲み物なども沢山売ってます。
防寒用の帽子や手袋なども売ってます。
暖かい地方から来る観光客向けでしょうね。

マリーの売店

テーブルに飾られた色鮮やかな、というか鮮やか過ぎる造花もインドっぽくて好きかも。

マリーのメニュー

メニューもサンドイッチなど軽食からサラダ、スープ、カレーなどなど揃ってます。

私達が軽くつまんだ↓このチャパティーの仲間みたいなのも美味しかったです。
名前、忘れちゃいました・・・

チャパティーの中に薄~く具が入ってるんです。
辛くてスパイシーなマッシュポテトのような具でした。

この辛いのをつまみながら、甘いチャイを飲むという組み合わせが絶妙な美味しさでしたよ。

マリーの軽食

そして、なんと言っても素敵なのは、トイレがあること!
こんな山の上まで来てトイレに入れるなんて、本当に幸せです。
行きたくなくても、2回ぐらいはぐらいは行っちゃいますね。
ありがたくて!
そして次にはいつトイレにいけるか解らないので・・・

**~*~*~*~*~*~*~*~**
ブログランキングに参加しています。
皆さんのクリックが1票になる仕組みです。
励みになりますので、よろしかったら↓下のバナーのクリックを御願いします。

にほんブログ村 雑貨ブログ 雑貨屋へ
にほんブログ村
**~*~*~*~*~*~*~*~**

テーマ : 子連れ旅行
ジャンル : 旅行

インド(17)2010.08.25 ヒマラヤのもっと高い所

雨季で天候は不安定だし、子供達もいるし、
数日間山荘より高い所へ出かけるチャンスなしで過ごしていました。
山荘は標高2800mちょっと、せっかくヒマラヤに来てるんだから富士山よりは高い所まで行きたいですよねぇ。

でも、やっと天気がどうにかもちそうな日がきましたね~。
お山の大先生のおじいちゃんの「明日行くぞ!」の号令で、前日の夜に急遽ロータンパス行き決定。

ロータンパス01羊

アンドゥさんの運転で、雨でひどく荒れてしまった山道を登ります。
夏も終わるので羊飼いが羊の群れを下してくるのと度々すれ違います。

群れは羊だけでなくこんな毛の長いヒマラヤの山羊さんも。

ロータンパス02山羊

むくむくで可愛い牧羊犬も一生懸命働いてます。

写真で見ると犬も羊もモコモコで、さわり心地良さそうだけど、
実際に見るとあちこちカピカピでばっちくなっちゃってます。

ロータンパス03牧羊犬

時々車を止めて休憩。
高山病予防、高度に馴れるように時間をかけて行くのです。

サンちゃんは、アンドゥさんとすっかり仲良し。

ロータンパス05アンドゥ

周りの景色も大分高地のものになってきました。

ロータンパス04途中

振り返って見れば、通ってきた道がはるか下にうねうねと続いています。

おじいちゃんが始めてロータンパスを目指した頃は、この遥かな山道を徒歩で旅したんですね~。
「あ~、車が通れる道が出来てて良かった!」と思う反面、
歩いていくしかない旅が出来る事もちょっと羨ましかったりして。

好天も悪天も、荷物の重さも、薄い空気も、木々や草花、険しい岩も、氷河の融けた濁流の川も、渡る風も
周りのもの全て味わいつくしながら一歩一歩登らなければ目的地につけない気の遠くなるような旅。
誰にでも出来るもんじゃないけど、素敵ですよね。

ロータンパス06麓

こちらは、その血を引いたさんちゃん。
岩場を一人でどんどん、軽々と何処までも登って行っちゃいます。
おい!あんたは山羊ですか~!?

ロータンパス07子山羊

やっと追い付いた母さんの手が足に。。。。
はい、山羊さん捕まっちゃいました。

**~*~*~*~*~*~*~*~**
ブログランキングに参加しています。
皆さんのクリックが1票になる仕組みです。
励みになりますので、よろしかったら↓下のバナーのクリックを御願いします。

にほんブログ村 雑貨ブログ 雑貨屋へ
にほんブログ村
**~*~*~*~*~*~*~*~**

テーマ : 子連れ旅行
ジャンル : 旅行

インド(16) 2010.08.24 メイフラワー、オールドマナリ

ランチの後、ヤマ君、サンちゃん、おじいちゃん、おばぁちゃんは帰宅。
マリさん、ももちゃん、私の3人はオールドマナリへ。
空のバタバタも通りそうにないし、バザールまで戻ってバタバタの乗るのも遠回りなので、登り坂をテクテク歩いて行きました。

天高くそびえるヒマラヤ杉の林を縫う道をのんびり歩くのもいいものです。
空気が薄いからちょっと疲れる登り坂だけど・・・
時々、バタバタやバイクに凄い勢いで追い抜かれるけど・・・・

あ~そういえば、子供の頃来た時は、この道に焼き芋ぐらい大きいナメクジがいっぱいいたけど、今はいないなぁ~。
交通量が増えて、ナメクジも縄張りを奪われたのかしら?

しばらく歩くと、テラスにお花がいっぱいの綺麗なゲストハウスが見えてきました。
ここも老舗。ゲストハウス「メイフラワー」です。
マリさんと私が幼い頃、初めてマナリに来た時に滞在したゲストハウスです。
当時は宿泊施設も少なく、子連れの外国人が安心して泊まれる貴重な宿だったと思います。

マナリ老舗のゲストハウス1

今はものすご~~く、立派で綺麗な建物に建て替えられていますが、私が泊まった頃はもっと小さくて質素な、でも居心地の良い建物でした。
今のメイフラワーもお花いっぱいで綺麗にしてあって、きっと居心地の良さは以前と変わらないのでしょうね。

すっかり変わっちゃったねぇ~。
昔の建物があったのはあの辺りかな~。
なんて話しながらメイフラワーを通り過ぎていくと、ゲストハウスの裏手にこの地方の伝統的な建築様式の古い家がありました。
あれは! きっと昔メイフラワーの経営者のネギさん家族が住んでいた家です。
遊びに行って、お家に上げてもらった思い出があります。

沢山の子供たちが賑やかにいる家でした。
インド人の子供たちに混じって、みんなと同じような服装をした金髪で色の白い子も。
欧米から放浪してくるピッピー達の中には、旅先で出来た子供を置いて行ってしまう人もいたようで。。。。
そんな子は比較的経済的に余裕のあるお家に引き取られて、その家の子供たちと一緒に育てられていたようです。

懐かしくてカメラを向けていると、テラスに子供が出てきて「ハロー!」と笑顔で声をかけてくれました。
後でおじいちゃんに聞いたら、今でもネギさんちのおじいちゃんが住んでいるようです。

マナリ老舗のゲストハウス2
さらに20分ほど歩いて行くと川に行き当たります。
橋を渡れば、オールドマナリのメインストリート。
バタバタがやっと一台通れるぐらいの細い通りですが、道の両側に小さなレストランやカフェ、おみやげ物屋などが沢山並んでいます。

オールドマナリの店のほとんどは欧米人向けの店です。
おみやげ物や雑貨などもモダンにアレンジされたインドテイストで、普段のファッションに取り入れらそうなものが多いです。
おしゃれっぽいエスニック雑貨を探すのには楽しい通りです。

反面、やマナリらしさが少なくてつまらない感じもちょっとします。
もともとインド北部にあるマナリは、高地の気候でもあるし、チベット文化の影響が色濃いこともあって、女性は肌を露出した服装をしません。
でも、オールドマナリでは旅行者が、地元の人の目も気にせずタンクトップにショートパンツで平気で闊歩しています。
違和感があります。

(↓現地の女性の民族衣装。パンジャビドレスをはじめ、民族により色々。)
民族衣装1

民族衣装2

私たち旅行者にとって旅は非日常で開放される面もありますが、訪れる先の人たちにとっては日常の世界。
郷に入れば郷に従え。
全てとは行かないまでも、できるだけ地元の文化や習慣を感じ取る気持と敬意を持ちたいと思うのです。

でもな~、インドもテレビが普及して都会じゃ若者はジーンズにTシャツとかになってきて、ファッションも変わりつつあるしなぁ。
マナリにもその変化の波は押し寄せてきてるよね。
タンクトップにショートパンツなんかもすぐに当たり前になっちゃうのかもね。

な~んて、買い物の楽しさと物思う心が交錯したオールドマナリ散歩でした。

**~*~*~*~*~*~*~*~**
ブログランキングに参加しています。
皆さんのクリックが1票になる仕組みです。
励みになりますので、よろしかったら↓下のバナーのクリックを御願いします。

にほんブログ村 雑貨ブログ 雑貨屋へ
にほんブログ村
**~*~*~*~*~*~*~*~**

テーマ : 子連れ旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

さとる

Author:さとる
ミラクルワーカーズへようこそ。

ミラクルワーカーズで販売している雑貨や過去の作品などのことを中心に、ハンドメイドのこと、お料理のこと、日常のことなどを書いています。

思いつくまま綴っているので、時々、ハンドメイドや雑貨からはずいぶん脱線したり、ちょっと更新サボったりするかもしれませんが、大きな気持ちでお付き合いくださいね。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード