今までで一番大きかったハンドメイド

小さな頃からチョコチョコとハンドメイドさとと-糸ブルーを続けていますが、
普段は小物作りが殆どです。

でも、過去には大物を手掛けたこともありました。

今まで最大のハンドメイドは”お店”さとと-ショップマークでしょうか。

お店と言っても建物を作ったわけでも、
雑貨屋さんの実店舗を開いたわけでもありません。

こじんまりしたショットバーの改装をやったのです。
もう、10年近く前の話ですが~。

アドビカンティナ2
店内(営業中のライティング)

この改装も私にとってはハンドメイドでした。
もちろん、私は内装のプロではありません。

以前働いていた関係で、やらせてもらいました。

お店のコンセプトは「サンタフェ・スタイル」。

アメリカの南西部さとと-サボテンサンタフェの町にあるような
日干し煉瓦のアドビ・ハウスのイメージです。

アドビのお家は素焼きの陶器で出来ているみたいな感じで素敵なんですよね~。

そして、町には遊び心あふれるアートがいっぱい。

ネイティブアメリカンさとと-羽の自然をモチーフにしたアートと
現代の感覚がミックスされた素敵なものがいっぱいあります。

そんな雰囲気をお店に出したいと思いました。

アドビカンティナ5アドビカンティナ6
お店の壁画と看板

工務店さんの友人に相談し、素人でも出来る作業や
どうしてもプロに頼むべき作業を切り分けし、
素材の選定や技術的なこと沢山教えてもらって、現場監督もしました。

で、プロにお願いしたのは、
・カウンター、バーの棚、ドアの製作。(しっかりして無いと困るので!)
・電気・配管工事
・カウンター、フローリングの塗装。

で、自分達で頑張ったのは、
・壁の左官
・壁、天井の塗装
・ドアや棚の塗装
・テーブルの製作
・その他壁画のペイントやドアの取っ手作りなど

左官は本当に大変でした。
自然な感じで緩やかな凹凸、角部分は曲線の壁を作りました。

アドビカンティナ1

素人でも扱いやすい素材を用意してもらったのですが、
それでも罰ゲームみたいに全身ドロドロになっちゃって作業してました。

そして、壁にはちょっとスモーキーでオレンジがかったピンクの塗料を
濃淡2色用意し、薄いピンクを塗った後、海綿で濃いピンクを軽く叩いていき、
ムラのある壁を作りました。

これももう、やっぱり全身ペンキまみれです。

特注で製作してもらった新品のドアさとと-ドアや棚など木製のものは、
青や白のペンキを重ねて何度か塗ったあと、
ひたすらヤスリで擦って、古い風合いを出しました。
すごく筋肉痛!

アドビカンティナ4
地下へ降りる階段から見えるお店のドア

ドアの取っ手は木彫りで作りました。
片側はヘビ(私作)さとと-ヘビちゃん、反対側にトカゲ(あいちゃん作)さとと-リザード
ヘビ~~~!って感じの怖いのではなく、素朴な雰囲気です。

作業の合間には、看板なんかも描いたりしました。

アドビカンティナ3

オープンした時は、そりゃもう嬉しかったです。

そしてお店は今でも営業してます。
これもまた嬉しい限りです。

お店は東京の下町人形町に有ります。

Shot Bar ADOBE CANTINA (ショットバー アドビ カンティナ)
東京都中央区日本橋人形町2-5-4
 江戸八ビルB1
TEL 03-3249-3516
http://satoto.jp/adobe/

人形町に行かれる機会がある方は、是非看板だけでもチェックしてみて下さいね~。

*~*~*~*~*~*~*~*~*
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
*~*~*~*~*~*~*~*~*

テーマ : ハンドメイドの作品たち
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとる

Author:さとる
ミラクルワーカーズへようこそ。

ミラクルワーカーズで販売している雑貨や過去の作品などのことを中心に、ハンドメイドのこと、お料理のこと、日常のことなどを書いています。

思いつくまま綴っているので、時々、ハンドメイドや雑貨からはずいぶん脱線したり、ちょっと更新サボったりするかもしれませんが、大きな気持ちでお付き合いくださいね。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード